冷しメカゴジラシティ

ライブドアブログ、はじめました。 あと、冷やしメカゴジラもはじめました。 予定は狂ったけど、今月より更新開始!!

タグ:その他趣味

イメージ 1
俺の名は万丈龍我!!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
色んな事情で仮面ライダークローズチャージとして戦ってんだけど、門矢士っていう野郎に別の世界に飛ばされちまった!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
士の知り合いこと「スカサハ」と出会った俺は、スカサハから俺が今いる世界に悪い野郎が近づいてきてることと、その悪い野郎を倒すためにはケイト式の修行で今よりも強くなry···

スカサハ「ケルト式だ!たわけ!」

万丈「うわっ!いきなり出てくんなよ!あぁ~、びっくりした····」

スカサハ「まったく、「ケルト」の事を「ケイト」と言い間違えるとは···これはケルト式の修行だけでなく、ケルト神話とケルト神話と深い関わりがあるアイルランドの歴史についての勉強をやる必要があるな····」


イメージ 8
スカサハ「って、コラ!逃げるな!!」

万丈「ケイト式の修行はともかく、勉強だけは流石にごめんだ!

スカサハ「だから「ケルト式の修行」だ!っと言ってるだろ!このたわけがぁっ!」

イメージ 9
万丈「っつーわけで、どうなる?!パート3!!」

ビルド「ふぅ~、やっと「仮面ライダークローズ」の撮影が終わったよ。じゃあ、今回の「前回のあらすじ」の紹介を····」

万丈「げぇっ!物凄く悪いタイミングで帰ってきちゃったよ····コイツ···」


悟空がやらねば誰がやる?!万丈だ! パート3

場所は変わって、スカサハさんの別荘こと····
スカサハウス

イメージ 10
万丈「はぁ~····中は結構広いんだな。」

スカサハ「まぁーな。」

イメージ 11
スカサハ「この別荘は3人の友人と一緒に頑張って作ったものだからな。パッと見はただの木造の小屋の様に見えるが、中の方は私がルーン魔術で作ったニスのおかげでエアコンが無くても冷暖房が効く物凄く快適な物になってるぞ。

万丈「へぇー、すげぇーな。今度、俺にそのルーン魔術ってのを教えてくれよ!」

スカサハ「ルーン魔術が使えるようになる程の能力を身に付けるには鍛練だけでなく、勉強もする必要があるぞ。数学にアイルランドの言葉、それにルーン文字に魔法薬の知識と魔法動物学、それにry···」

万丈「やっぱいいや···(白目)」←勉強が苦手な筋肉バカ。

スカサハウスの裏庭

イメージ 12
スカサハ「さて、ここら辺で今日から行うケルト式の修行を始めるとしようか。

万丈「あぁ····っで、その修行の内容は?」

スカサハ「内容はシンプルだ。今から私が放つ千本の槍を全て弾き返すというものだ。その名は····」

イメージ 13
スカサハ「「千本槍地獄」だ。」

イメージ 14
万丈「千本槍地獄···。必殺技みたいな名前だな。」

スカサハ「本来ならこの修行は持久力を上げるケルト式マラソンという特訓を乗り越えてからやらせるべきなんだが、士から聞いたお前の身体能力等を考えた結果、この修行をお前にさせることにした。」

イメージ 15
スカサハ「ちなみにこの修行は失敗したら全身に槍が突き刺さって、ハリセンボン状態で死ぬことになるぞ。」

万丈「マジかよ?!」


イメージ 16
イメージ 17
スカサハ「おじけづいたか?」

万丈「ちょっとだけな。でも·····」


イメージ 18
万丈「その修行をやらねぇーと、この世界に近付いてきてる悪い野郎を倒せるほど強くなれねぇーんだろ?だったらやるしかねぇーだろ!」

スカサハ「そうか···」

イメージ 19
スカサハ「では、早速だが修行を始める!準備は良いか?」

万丈「そんなもん、いつでも出来てるよ!」

スカサハ「分かった。では行くぞ!」

イメージ 20
万丈「よぉーし!全部弾き返してやる!」





その頃、スカサハウスからかなり遠くに離れた位置にあるコミケの会場では···




コミケの会場




イメージ 21
???「よぉーし····今度こそ、この永遠に続く夏休み状態を終わらせっぞ!行くぞ!みんなぁ!」


つづく

イメージ 1
クローズチャージ万丈「1·2·34♪うどんとプロテインもベストマッチ♪」
万丈「1·2·34♪ウィーアー戦う♪」


イメージ 2
???「お前、本当に筋トレが好きなんだな。」

万丈「!!」


イメージ 3
万丈「この「これまでの「仮面ライダービルド」のあらすじ」のナレーションに出てこなくて良かったと思えるほどムカつく声···」


イメージ 4
万丈「「仮面ライダーディケイド」こと「ナマコ大好き!門矢士」!!」

ディケイド「逆だ!逆!「ナマコ大嫌い!門矢士」だ!」


イメージ 5
万丈「っで、そんなお前が何でここにいんだ?っつーか、※あん時はよくも俺と戦兎を色んな世界に飛ばしやがったな!あん時の落とし前、ここで着けてry···」

ディケイド「今はそんな事はどうでも良い。それより話を聞け。」

万丈「良くねぇーよ!!」

※あん時 後々公開する予定の「スーパーヒーローサーガ ウルトラマンジード」や「スーパーヒーローサーガ 宇宙刑事ギャバン」で描かれる予定の出来事のこと。

イメージ 6
ディケイド「「ドラゴンボールFGO」の世界にいる知人にお前を「ドラゴンボールFGO」の世界に飛ばして欲しいと頼まれたんだ。あそこの世界は今結構たいへんな事になってるみたいだからな。っとまぁ、そういう訳でまたお前を違う世界に飛ばす事になった。頑張れよ。」

万丈「また違う世界に飛ばされんのかよ?!嫌だよ!俺は今から家に帰って、「※プロテインうどん「黒いゴジラ」」を食わなきゃいけねぇーからそんな暇はねぇーry····」

ディケイド「お前の事情なんか知るか!」

万丈「人の話聞けよ!!」

※プロテインうどん「黒いゴジラ」 プロテインラーメンを出してる会社から販売してるカップ麺。他にも「白いモスラ」と「黄色いキングギドラ」、そして人気が無さすぎた為、発売してから1週間後に生産中止した「赤いバラゴン」と「茶色いバラン」もある。

イメージ 7
ディケイド「まぁ、とにかく!今からお前を「ドラゴンボールFGO」の世界へ飛ばすから、そこの世界を破壊しようと企んでる馬鹿を倒してこい!詳しい話は「ドラゴンボールFGO」の世界に住んでる俺の知り合いから聞いてくれ!」

万丈「結局こうなんのかよ···。って、「ドラゴンボールFGO」の世界を破壊しようと企んでる馬鹿?!それは一体どうゆうry···」

イメージ 8
バシュンッ!!
ゴォォーーーーーーーッ!!
万丈「わぁぁぁーーーーっ!!!」


イメージ 9



イメージ 10
ディケイド「あんたのご希望通り、そっちの世界に万丈を飛ばしたぞ。」

???「ありがとう。後の事はこっちに任せてくれ。」

ディケイド「あぁ、分かった。」









ドラゴンボールFGOの世界








イメージ 11
ディケイド「後のことは頼んだぞ·····」


イメージ 12
ディケイド「能登麻美子。」
スカサハ「スカサハだ!たわけ!!」
あと、能登麻美子はスカサハさんの中の人。

「ドラゴンボールFGO」の世界でどの様な事が起ころうとしてるのかは超ゴジラアイランドで描かれたこちらの記事を参照するとして···


イメージ 13
いきなり「ドラゴンボールFGO」の世界に飛ばされてしまった万丈。
彼が「ドラゴンボールFGO」で見たものとは?!


次回を待て!!

↑このページのトップヘ